海外競馬発売

ベルモントステークス(G1)

フランス シャンティイ競馬場 2400m(芝)3歳以上 牡・牝

  • 発売開始時刻日本時間10月1日(日曜)10時00分

  • 発走予定時刻日本時間10月1日(日曜)23時05分

前哨戦紹介

  • 備考1:太字は凱旋門賞出走予定馬
  • 備考2:9月22日時点での情報を基に作成

フォワ賞(G2)

2017年9月10日(日曜) フランス・シャンティイ競馬場

芝2400m 6頭 重

優勝チンギスシークレット(牡4歳)

  • 騎手:A.デフリース
  • 調教師:M.クルーク(ドイツ)
  • 2着 クロスオブスターズ 1 1/2
  • 3着 タリスマニック クビ
  • 4着 サトノダイヤモンド 1 3/4
  • 5着 シルバーウェーヴ 1 1/2
  • 6着 サトノノブレス アタマ

8月20日にシャンティイへ到着したサトノダイヤモンドサトノノブレスの渡仏初戦は、ほろ苦い結果となった。古馬による凱旋門賞の前哨戦フォワ賞に駒を進めたのは、日本馬2頭を交えた6頭。少頭数に加えて馬場も重馬場ということで、互いの手の内を探るような戦いとなった。サトノダイヤモンドは、悪化した馬場状態に様子見気配も手伝ってか単勝オッズ2.9倍の2番人気。今年初戦から5月のガネー賞(G1・芝2100m)まで重賞を3連勝して、ここが約4か月半ぶりの実戦となったA.ファーブル厩舎(フランス)、M.バルザローナ騎手騎乗のクロスオブスターズが2.5倍の1番人気に支持された。川田将雅騎手騎乗のサトノノブレスは、最低人気(51.1倍)での出走となった。

レースは、馬場を探って行き脚がつくのにやや手間取ったもののサトノノブレスが主導権を握る形となり、サトノダイヤモンドがその2番手を追走。向正面ではサトノノブレスが後続を4馬身近く離した。サトノダイヤモンドのC.ルメール騎手は、重心を低くして用心深く完歩を刻むパートナーの手綱を短く持って最終コーナーへ。これをマークしていたドイツ調教馬チンギスシークレットがすぐ外に取りつく。直線に向いて最内にサトノノブレス、その外にサトノダイヤモンド、さらに外にチンギスシークレットが並んで、ルメール騎手は追い出しのタイミングを計る。しかし、ゴール前150mでチンギスシークレットが弾かれたように抜け出すと、これをめがけてクロスオブスターズタリスマニックが急追。3頭にかわされたサトノダイヤモンドのルメール騎手は4着でゴールインし、サトノノブレスは最下位の6着でレースを終えた。

道悪に躍ったチンギスシークレットは、不良馬場で行われた7月のハンザ大賞(G2、ドイツ・芝2400m)を3馬身3/4差で勝った実績があり、前走のベルリン大賞(G1、ドイツ・芝2400m)でG1初制覇を果たしての参戦だった。勝ちタイムは2分35秒86。1馬身半差の2着にクロスオブスターズ、これにクビ差でタリスマニックが続いた。勝ち馬とサトノダイヤモンドとの着差は3馬身半差だった。

チンギスシークレットは、サドラーズウェルズ系のソルジャーホロー産駒。その産駒には、ドイツとオーストラリアで4つのG1を制したアワーアイヴァンホウなど2400m以上で良績を残す馬が多い。チンギスシークレットの、いかにも道悪が上手そうな体型は父譲りであろう。最新の「ロンジンワールドベストレースホースランキング」では120ポンド(2101m〜2700mの芝L部門)に評価を上げて、サトノダイヤモンド(2701m以上の芝E部門で120ポンド)と肩を並べている。

文:奥野庸介

ご注意

当コーナーの情報は、登録情報を基に制作されております。競走データは公式データと照合し、それ以外の表記は主に現地報道を参考に制作しております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: