出走馬レーティング

10月30日(日)時点での情報を基に作成

地元ブックメーカーの前売りで単勝1番人気に推されているハートネル(せん5歳)が、「123」というメルボルンカップ出走予定馬の中で最も高いレーティングを保持している。前々走のターンブルS(芝2000m)など2つのG1を含めて、1600mから2600mの距離で6つの重賞を制している実績からすると妥当な評価で、近走は概ね59kgを背負っての出走だったことを鑑みると、56kgというハンデは恵まれたものとも言えそうだ。レーティング「119」で第2位のジャメカ(牝4歳)との間には4ポンド差あり、3200mの距離さえ克服できれば、能力的には楽勝してもおかしくはない。

前述したように、10月15日のG1コーフィールドカップ(芝2400m)を3馬身差で快勝した際に119を獲得したジャメカが、第2位となっている。もともとのハンデは51.5kgだったが、9月にG3MRCファウンデーションC(芝2000m)を制した際に0.5kg増量され、コーフィールドカップで更に1.5kg増量。トップハンデが56kgだったため、出走全馬が1キロ増量されて最終的に54.5kgとなった。ジャメカが勝てば、4歳牝馬としてはレース史上最も重いハンデを背負った勝ち馬となる。

カレンミロティック(せん8歳)のレーティングは、出走馬中6位タイの「116」だ。同レーティングのアワーアイヴァンホウ(牡6歳)がハンデ57kgで、同じく同レーティングのボンダイビーチ(牡4歳)が56kgだから、カレンミロティックの56.5kgというのは、想定の範囲内と言えそうだ。

文:合田直弘

出走馬レーティング

出走馬レーティング
順位 馬名(生産国) レーティング
1 ハートネルHARTNELL (GB) 123
2 ジャメカJAMEKA (AUS) 119
3 ウィックローブレーブWICKLOW BRAVE (GB) 117
エクソスフェリックEXOSPHERIC (GB) 117
ビッグオレンジBIG ORANGE (GB) 117
6 アワーアイヴァンホウOUR IVANHOWE (GER) 116
カレンミロティックCURREN MIROTIC (JPN) 116
ボンダイビーチBONDI BEACH (IRE) 116
9 グランドマーシャルGRAND MARSHAL (GB) 115
フーショットザバーマンWHO SHOT THEBARMAN (NZ) 115
11 ギャラントゥGALLANTE (IRE) 114
サージョンホークウッドSIR JOHN HAWKWOOD (IRE) 114
出走馬レーティング
順位 馬名(生産国) レーティング
13 ハートブレークシティーHEARTBREAK CITY (FR) 113
14アルムーンクィス ALMOONQITH (USA) 112
シークレットナンバーSECRET NUMBER (GB) 112
16エクセスノレッジEXCESS KNOWLEDGE (GB) 111
17 ビューティフルロマンスBEAUTIFUL ROMANCE (GB) 110
18 アルマンダンALMANDIN (GER) 108
19 オーシャノグラファーOCEANOGRAPHER (GB) 107
キウイQEWY (IRE) 107
グレーライオンGREY LION (IRE) 107
22 アサインASSIGN (IRE) 104
23 ペンタスロンPENTATHLON (NZ) 102
24 ローズオブバージニアROSE OF VIRGINIA (NZ) 100
  • ・レーティングは現地主催者発表のものを掲載
  • ・レーティングの単位はポンド

ご注意

当コーナーの情報は、登録情報を基に制作されております。競走データは公式データと照合し、それ以外の表記は主に現地報道を参考に制作しております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: