海外競馬発売

アメリカ競馬の概要

アメリカ競馬の概要

日本にも大きな影響を及ぼしている競馬大国

  • アメリカ競馬イメージ写真1
  • アメリカ競馬イメージ写真2

1492年にコロンブスが西インド諸島を発見したことに端を発する新大陸へのアプローチは、その後カリブ海から北米大陸の東海岸へと広がっていった。その100年後にはバージニア州、ニューヨーク州、南北カロライナ州の各所に街が築かれ、それらを拠点に開拓の矛先は大陸内部へ向いていた。バージニア州の大半は森林に覆われ、しかも大木が多い。開墾には馬が必要だったが、そこに住むインディアンの部族は馬を持たず、開拓者達は馬を生産する南部の部族と接触し、アンダルシア馬を購入しバージニア州へ連れ帰り生産を始めた。

英国移民による植民地最初の中心都市バージニア州ジェームズタウンは1607年に建設。その後、地域コミュティーの余興として競馬が1620年頃から始められ、さらに英国で競馬に関わりを持っていた人材が、新大陸に到着し始めた。こうした初期の競馬は苦労して確保した開墾後の狭い場所で行われ、つまり一般道路を利用し少数頭で行うようなもので、これがその後しばらく北米競馬の主流となるヒート競走の発端となる。ヒート競走というのは定められた距離を数回走らせ2回以上先に先着した方が勝つというものだ。レース間に数週間の時間を置く現代競馬と比べると馬には酷な話だが、米国競馬黎明期の名種牡馬レキシントンもヒート競走により名声を得て、種牡馬入りしている。その後も少ない頭数ながら継続的に英国から馬の輸入は続いたが、反英感情が高まり、独立戦争が勃発する直前から馬の輸入はしばらく禁止されることになった。

独立戦争後に米国が直面した次の大きな試練は1861年に始まった南北戦争である。現在米国馬産の中心地であるケンタッキー州は中立を保つことに成功し、戦禍を逃れてバージニア州など他の地域から多くの馬が、ケンタッキー州中心部にあるレキシントンへ移ってきた。その後、米国の多くの州で賭博禁止令が施行された時期があり、競馬関係者にとってはまたも受難の時期を迎えたが、ここでもケンタッキー州政府は中立を保ち、さらに多くの有力人馬を引き寄せることに成功し、競馬産業の首都としての基盤を固めた。こうした流れで同州競馬界は政治力や財力を備えるようになり、他州の競馬主催者との競争に勝ちケンタッキーダービーを米国を代表するレースとして確立することに成功した。現在北米では約2万2500頭のサラブレッドが生まれ、そのうち約1万7000頭の牝馬が同州に繋養される種牡馬と交配、そして産駒8000頭が同州産馬として登録され、多くのレースに優勝している。

南北戦争終了後は、これまで各地で草競馬として行われていた競馬が徐々に整備され、各地域の有力者達が結束し、英国式の競馬に習い競馬開催設立に動き始めた。現在も米国の比較的大きな競馬場では英国のジョッキークラブに習い、「ターフクラブ」または「クラブハウス」という名称の有力者の組織を形成している。それでも貴族の趣味として発達した英国とは違い、「祭り」として発展してきた米国の競馬は開放的で、隣でホットドッグを食べている男性が実は大富豪だったということは日常茶飯事である。その後、時間をかけて今のダート主体で短・中距離のレースが多い今のスタイルが各地で確立されていく。各州はそれぞれ独自の競馬法を制定し、競馬主催者は民間企業としてレースを施行している。

もうひとつ、米国競馬が広い国土全体で受け入れられてきた理由のひとつとして、「アメリカンドリーム」を体現できるチャンスが与えられることが挙げられる。貴族の趣味として発達した英国とは違い、「祭り」として発展してきた米国の競馬は開放的で、門戸はいつも誰にでも開かれている。「鞍とバケツがあれば調教師になれる」、「名前と住所を書けば馬主になれる」と言われるほど敷居は低く、しかし競争は激しく去る者も少なくない。北米競馬の特徴であるクレーミング競走も、新規参入者や、小規模で競馬を楽しむ馬主・調教師に大きな夢を提供している。クレーミング競走というのは、該当競走発走前に購入申し込みを行った場合、主催者が指定する金額で指定した希望した馬を購入できる制度である。

米国の地方を旅すると、実に多くの競馬関係者がケンタッキーダービーを夢として目標として捉えて日々馬と接しているシーンに出会う。素質がある馬さえ見つけることが出来れば、財力ある大手のプレイヤー達に一泡吹かせることが出来ると信じる挑戦者が多く、彼らが大きなピラミッドの底辺を支えている。

新大陸と旧大陸。両者のライバル意識は競馬界でも存在したが、全く違う競馬スタイルで行われており、また大西洋という物理的な壁もあり、以前はそれほど交流が進んでいたわけではなかったが、ある名馬の出現で状況は一変する。

1961年にカナダで生まれたノーザンダンサー。5月下旬生まれの鹿毛の小さな田舎馬は3歳時にケンタッキーダービーとプリークネスSの二冠を達成し、カナダ最大で北米最古の重賞競走であるクイーンズプレートに優勝する。しかし、同馬が競馬界にインパクトを与えたのは種牡馬入りした後で、産駒が欧州大レースで勝ち始め、サラブレッド史上最大のブームを巻き起こす。しかも牡駒の多くが種牡馬としても優秀で孫も走る。ニジンスキーやリファール、ヌレイエフやストームバードは欧州で競走後、ケンタッキー州で種牡馬入りしたが、交配のために多くの繁殖牝馬が欧州から米国へ移り、米国で生産された馬を欧州で競馬に使うというスタイルが確立する。また、米国産馬により欧州競馬に挑戦する野望を持つ米国財界人が増加し、両者の交流が進んで現在に至る。またノーザンダンサー系の発展は、サラブレッド業界にビジネスという側面があることを米国競馬人の脳裏に植えつけ、せり開催方法や、せり馴致、共同所有システム、スポンサー制度など多くのビジネスモデルが米国で確立し、またそれに加えて獣医学、農学、飼養学など関連分野へ研究資金も潤沢に流れて学術面でも米国は存在感を強めている。

一方、日本との関わりも深い。戦前から米国産馬の輸入は行われていたし、スタミナの欧州からスピードの米国血統へシフトする生産者が増え、前述のノーザンダンサーブームに始まり、その後台頭したミスタープロスペクター系やサンデーサイレンス系も含め、現在多くの日本馬の血統に米国馬の影響が読み取れる。競馬では1958年にはハクチカラが日本産馬として初めて渡米し、翌1959年にはワシントンバースデイHで当時の有力馬ラウンドテーブルを破って優勝。同馬の主戦騎手であった保田隆芳は「モンキー乗り」という騎乗方法を米国から持ち帰っている。そして2005年にはシーザリオが、ハリウッドパーク競馬場で行われた国際招待競走アメリカンオークスを圧巻の追い上げで優勝を果たしている。米国産馬が日本でデビューして活躍する例も少なくなく、ヒシアマゾンやタイキシャトル、エルコンドルパサーやシーキングザパールといった馬名を挙げれば、ファンの皆さんにも米国が身近に感じられることだろう。

米国競馬を語る上でもうひとつ忘れてはならいないのが、ブリーダーズカップ開催である。これは競馬興行の先行きに不安を覚えたケンタッキー州の有力生産者ジョン・ゲインズが提唱した構想で、種牡馬所有者や繁殖牝馬所有者から提供される資金から高額賞金を捻出し、各カテゴリーの王座決定戦を晩秋に、しかも1日で行うというものであった。この取り組みの裏には、他のプロスポーツに負けず、世間の関心を競馬に引き寄せたいという米国ならではの事情もあった。それまでにない大規模な競馬の祭典。しかも生産者が中心となって企画・実行されたこともユニークだ。1984年に7競走から始まったブリーダーズカップは、2016年現在13競走を2日間で行われる秋の北米プロスポーツの主要イベントのひとつとして定着し、毎年世界中からの挑戦者も受け入れて、多くの競馬人の夢を実現させる場となっている。

今後、日本の人馬がブリーダーズカップやケンタッキーダービーにも挑戦する機会は増えだろう。良き友人として、そして良きライバルとして、馬や人、競馬興行、学術など、あらゆる分野で日米交流は続く。

(文:吉田直哉)

ページトップへ戻る
表示モード: