JRA
HOME
ENGLISH お問い合わせ/FAQ サイトマップ
競馬メニュー 電話・インターネット投票 データファイル イベント・キャンペーン 競馬場・ウインズ等 競馬ギャラリー
過去GI成績
第8回 中山グランドJ
 
 
GI馬vsGI馬の激突はカラジに軍配! クビ差しのぎ切って連覇を果たす
 第8回を迎えた中山グランドJ(J・GI)では、2頭のGI馬が注目を集めました。昨年暮れの中山大障害を圧倒的パフォーマンスで制したテイエムドラゴンが単勝オッズ2.3倍、昨年のこのレースの覇者カラジが3.2倍。
 実績面で他の馬を圧倒し、またテイエムドラゴンは阪神スプリングJ快勝、カラジはペガサスJSで2着と、ともに順調にステップレースを消化しており、一騎打ちムードも当然のことといえたでしょう。

 レースは、まさに一騎打ち。
 バルトフォンテン、メジロオーモンド、フォンテラが入れ替わるようにして逃げる中、序盤は後方に控えていたカラジがスルスルと位置取りを上げていきます。これを好位で待ち構え、先に行かせ、マークする形を取ったのがテイエムドラゴン。両雄は互いに機をうかがいながら、カラジが先頭、テイエムドラゴンが2番手というポジショニングで最終コーナーを回ります。
 最後のハードルを飛び越えて、逃げるカラジと追うテイエムドラゴンの、壮絶な追い比べ。両馬のプロフィールを見れば、カラジは1995年生まれの11歳、テイエムドラゴンの父アドマイヤベガは1996年生まれの10歳。文字通り親子ほども年の離れた王者2頭によるマッチレースは、実に見ごたえのあるものでした。

 結局、1完歩ごとに差を詰めるテイエムドラゴンを振り切り、カラジがクビ差だけ我慢して連覇のゴールへと達します。昨年同様、低くて美しく、そして安定した飛越を見せ、勝負どころと見るや一気に仕掛けて勝利をつかみ取る走りで栄冠を手中に収めたのです。
「テイエムドラゴンが迫ってきたときにはヒヤリとしたが、この馬の力を信じていた。来年は12歳になるが、また中山へ来たい」と、カラジの手綱を取ったスコット騎手。

 1年後もまた、この古豪と日本のエースによる白熱の戦いが見られるかも知れません。
 
 
 
 
2006年3回中山7日( 4月 15日) 11R
第8回 中山グランドジャンプ(J・GI)
サラ系障害4歳以上 4250m 芝・外
(国際) オープン 定量
本賞金: 8000、 3200、 2000、 1200、 800万円 発走 15:35
  天候:晴  芝:良 
着順 馬番 記号 馬名 負担
重量
騎手 タイム 着差 馬体重 調教師 単勝
人気
1 8 14 [外] カラジ せん 11 63.5kg B.スコット 4:50.8   430Kg -2 E.マスグローヴ 2
2 5 8 (父) テイエムドラゴン 4 62.0kg 白浜雄造 4:50.8 クビ 478Kg -22 小島貞博 1
3 4 7 (父) テレジェニック せん 6 63.5kg 金子光希 4:51.9 7馬身 464Kg -4 矢野進 3
4 6 11 (市) メルシーエイタイム 4 62.0kg 出津孝一 4:52.7 5馬身 450Kg -4 武宏平 4
5 3 4 (父) メジロアービン 7 63.5kg 嘉堂信雄 4:53.2 3馬身 486Kg 0 北出成人 13
6 1 1
ローレルデフィー 6 61.5kg 浜野谷憲尚 4:53.5 1 3/4馬身 472Kg 0 矢野照正 15
7 6 10
マイネルオーパー 7 63.5kg 宗像徹 4:53.5 ハナ 434Kg -10 矢野進 6
8 7 13
メジロオーモンド 8 63.5kg 林満明 4:53.8 1 3/4馬身 522Kg 0 音無秀孝 5
9 2 3 [外] マーロス せん 9 63.5kg C.ダーデン 4:53.9 1/2馬身 464Kg -16 E.マスグローヴ 12
10 2 2 (父)(市) マイネルユニバース 8 63.5kg 平沢健治 4:54.1 1 1/2馬身 470Kg -2 郷原洋行 14
11 7 12
アインオーセン 5 63.5kg J.リデル 4:54.2 クビ 510Kg -4 崎山博樹 11
12 3 5 (父) メジロベイシンガー 5 61.5kg 山本康志 4:55.3 7馬身 480Kg -14 大久保洋吉 8
13 4 6 (父) アズマビヨンド 7 63.5kg 高田潤 4:57.1 大差 500Kg -10 加用正 9
中止 5 9 [外] フォンテラ せん 8 63.5kg I.ラプトン     524Kg -4 K.マイヤーズ 10
中止 8 15
バルトフォンテン 5 63.5kg 横山義行     474Kg -10 戸田博文 7

上り  1マイル 1分 48秒 0 4F 52.3 - 3F 38.8
1コーナー(2周目)  13-9-1-14,8(5,7)(12,3)(10,11)-(4,2)=6
2コーナー(2周目)  13-9-1,14,8-7,5,3(12,10,11)-(4,2)=6
3コーナー(2周目)  13(8,14,1)(7,9)(12,3,11)10,4,5,2-6
4コーナー(3周目)  14(13,8)7-1,11(3,10)-(12,4)-(5,2)9=6

<払戻金>
単勝 14 320円 2番人気
複勝 14 130円 2番人気
08 120円 1番人気
07 220円 3番人気
枠連 5-8 410円 1番人気
馬連 08-14 460円 1番人気
ワイド 08-14 230円 1番人気
07-14 490円 3番人気
07-08 480円 2番人気
馬単 14-08 1,200円 2番人気
3連複 07-08-14 1,360円 1番人気
3連単 14-08-07 5,040円 5番人気
photo1



勝 馬 [外]カラジ(Karasi) [せん11・鹿毛]
父:Kahyasi
母:Karamita
馬 主 P.モーガン氏
生産地 愛国
Breeder His Highness the Aga Khan's Studs S.C.
戦 績 83戦15勝
日本  4戦 2勝(内障害 4戦2勝)
海外 79戦13勝(内障害12戦6勝)
獲得賞金 約243,811,000円
日本 172,844,000円
海外 約70,967,000円
主な勝鞍 重賞2勝目
H17  中山グランドジャンプ(J・GI)
騎 手 B.スコット:2勝目
H17  カラジ
調教師 E.マスグローヴ:2勝目
H17  カラジ

※AUS1$=86円
※戦績・獲得賞金は2006年中山グランドジャンプ(J・GI)終了時点
photo2
 
photo3