JRA
HOME
ENGLISH お問い合わせ/FAQ サイトマップ
競馬メニュー 電話・インターネット投票 データファイル イベント・キャンペーン 競馬場・ウインズ等 競馬ギャラリー
過去GI成績
第7回 中山グランドジャンプ
 
 
野獣のように鋭いジャンプで、オーストラリアのカラジが障害GIを制す!
 外国馬3頭を迎えて開催された第7回中山グランドジャンプ(J・GI)。後続を従えて先頭ゴールを果たしたのは、その外国勢の1頭、オーストラリアから参戦のカラジでした。

 昨年ジャンプレースで5連勝を果たし、レコードタイムも連発したロードプリヴェイルが、朝からファンの支持を集めていました。しかしスタート直前になって逆転、カラジが1番人気となります。前哨戦・ペガサスジャンプSでジリジリと伸びながら3着となったレースぶりから実力の高さと距離適性はうかがえましたが、加えてパドックに現れた姿に、ファンが気圧されたのかも知れません。馬体重430kgと出走馬中もっとも小柄ながら、鹿毛の馬体が黒光りし、このレースにかける意気込みを発散させていました。

 レース前の雰囲気以上に異質だったのが、その走りです。アズマビヨンドとライトパシフィック、8枠両頭の逃げを好位でマークしたカラジ。低く鋭いジャンプは、さながら獲物を狙ってサバンナを駆ける獰猛な肉食獣のようです。鞍上は、オーストラリアでも屈指の名障害騎手として知られるブレット・スコット。手綱を激しく前後させることも、着地のたびに身体が大きく上下することもなく、まさに人馬一体、手綱をグっと引いたまま、わずかのブレもなく、カラジとスコット騎手は難易度の高い障害を次々とクリアしていきます。

 またスコット騎手は、これが4度目の挑戦となる中山グランドジャンプ。過去3戦はいずれも日本馬の後塵を拝しているだけに、期するものがあったのでしょう。その思いが、直線で爆発します。最終障害を飛び越えたところから、渾身の風車ムチ。懸命の叱咤に応えるようにカラジも力を振り絞り、ローレルロイスを競り負かし、チアズシャイニングにも1馬身1/4差先んじてみせました。
 道中、そしてゴール前で見せたカラジとスコット騎手の素晴らしいパフォーマンスに「障害にも、こんなレースがあったのか」と認識を新たにさせさられる一戦でした。
 
 
 
 
2005年3回中山7日( 4月 16日) 11R
第7回 中山グランドジャンプ(J・GI)
サラ系障害4歳以上 4250m 芝 外
(国際) オープン 定量
本賞金: 8000、 3200、 2000、 1200、 800万円 発走 15:35
天候:曇  芝:良 





負担
重量
騎手

着差 馬体重 調教師


1 4 5 [外] カラジ せん 10 63.5kg B.スコット 4:50.4   430Kg 0 E.マスグローヴ 1
2 5 8
チアズシャイニング 6 63.5kg 横山義行 4:50.6 1 1/4馬身 470Kg +4 藤沢則雄 5
3 6 10 (父) ローレルロイス 5 63.5kg 山本康志 4:50.7 1/2馬身 512Kg 0 古川平 10
4 1 1 (父) メジロアービン 6 63.5kg 嘉堂信雄 4:51.4 4馬身 474Kg -8 大久保正陽 11
5 3 3
フサイチジハード 8 63.5kg 田中剛 4:51.4 アタマ 542Kg -6 岩戸孝樹 9
6 2 2 [外] スファンクスデュベルレ せん 6 63.5kg F.バラオ 4:51.6 1 1/2馬身 510Kg 前走
計量
不能
F.コタン 6
7 7 11 (地) ナイスアルカング 6 63.5kg 五十嵐雄祐 4:52.9 8馬身 498Kg -14 古賀一隆 14
8 4 6
ギルデッドエージ 8 63.5kg 白浜雄造 4:53.1 1馬身 478Kg +2 松元茂樹 4
9 6 9 (外) ロードプリヴェイル 7 63.5kg 熊沢重文 4:53.3 1馬身 472Kg -6 池江泰郎 2
10 7 12 (市) フレノキャプテン 6 63.5kg 金折知則 4:54.3 6馬身 494Kg +4 田所秀孝 8
11 8 13 (父)(地) ライトパシフィック 6 63.5kg 浜野谷憲尚 4:56.6 大差 510Kg -2 嶋田潤 12
12 8 14 (父) アズマビヨンド 6 63.5kg 大江原隆 5:00.1 大差 510Kg 0 加用正 7
中止 5 7 (外) トーヨーシーザー 9 63.5kg 穂苅寿彦
  474Kg -2 成島英春 13
中止 3 4 [外] フォンテラ せん 7 63.5kg C.ソーントン
  540Kg +12 K.マイヤーズ 3

上り  1マイル 1分 47秒 7 4F 52.9 - 3F 39.6
1コーナー(2周目)  14-(5,13)-10(9,8,2)1,6(7,11)-3-12
2コーナー(2周目)  14(5,13)2,10(9,8)(1,6)11,7-3-12
3コーナー(2周目)  (5,*10)13,8,2(14,9,7,11)1-3,6-12
4コーナー(3周目)  (*5,10)8,2,11,7(9,1,3)13,6-(14,12)

<払戻金>
単勝 05 340円 1番人気
複勝 05 140円 1番人気
08 280円 5番人気
10 770円 10番人気
枠連 4-5 1,180円 4番人気
馬連 05-08 1,800円 9番人気
ワイド 05-08 790円 7番人気
05-10 3,580円 35番人気
08-10 4,240円 40番人気
馬単 05-08 3,010円 10番人気
3連複 05-08-10 32,990円 78番人気
3連単 05-08-10 110,150円 290番人気
photo1

勝 馬
[外]カラジ(Karasi) [せん10・鹿毛]
 父:Kahyasi
 母:Karamita
photo2
photo3
馬 主
P.モーガン氏
生産地
愛国
生産者
His Highness the Aga Khan's Studs S.C.
戦 績
日本  2戦 1勝(内障害 2戦1勝)
海外 73戦13勝(内障害12戦6勝)
獲得賞金
日本  85,033,000円
海外 約64,400,000円(約AU$757,711)
主な勝鞍
重賞初勝利
騎 手
B.スコット:初勝利
調教師
E.マスグローヴ:初勝利

※AU$1=85円
※戦績・獲得賞金は2005年中山グランドジャンプ(J・GI)終了時点