レーティング&ランキングワールドサラブレッドランキング

ロンジンワールドベストレースホースランキング

移動する

2017年1月1日から4月9日

IFHA(国際競馬統括機関連盟)から「ロンジンワールドベストレースホースランキング」が発表されましたのでお知らせいたします。
今回の発表は2017年1月1日から4月9日までに施行された世界の主要レースを対象としていて、ドバイワールドカップデーの諸競走やオーストラリア「ザ・チャンピオンシップス」の諸競走などが含まれます。118ポンド以上の33頭が掲載されました。
ランキングトップは、前回トップタイだったアロゲートで134ポンドです。後方からの競馬となったドバイワールドカップでは、素晴らしい脚を長く使って残り200メートル付近で先頭に立ち、ラストは余裕を持って快勝しました。この勝利が昨年と同じ134ポンドと評価され、単独トップとなりました。第2位は、前回トップタイだったウィンクスで、132ポンドです。前回の発表後、ジョージライダーステークスとクイーンエリザベスステークスをともに圧勝したウィンクスは連勝を17とし、こちらも昨年と同じ132ポンドとなりました。第3位はガンランナー、ハートネル、ジャックホブスの3頭で123ポンドです。前回第3位のハートネルはランヴェットステークスとクイーンエリザベスステークスに出走しましたがともに2着で、レーティングを上げることはできませんでした。ガンランナーはドバイワールドカップの2着で、ジャックホブスはドバイシーマクラシックを勝って、第3位タイとなりました。第6位はTJスミスステークスを3連覇したシャトークアで122ポンドです。今年GⅠ に昇格した大阪杯を勝ったキタサンブラックが121ポンドで第7位となっています。
日本調教馬は、4頭が掲載されました。キタサンブラック以外では、前回第4位だったサトノクラウンと阪神大賞典を勝ったサトノダイヤモンドが120ポンドで第8位タイ、大阪杯2着のステファノスが118ポンドで第26位タイになっています。

以下のPDFファイルで、ロンジンワールドベストホースランキング・日本馬のランキング等がご覧いただけます。

期間

2017年1月1日から4月9日

対象

世界の主要競走

距離区分(単位の「m」はメートル)

レーティングを獲得したレースの競走距離を示すもので、区分は以下のとおりです。

S【Sprint】
1,000mから1,300m(1,000mから1,599m(CAN/USA))
M【Mile】
1,301mから1,899m(1,600mから1,899m(CAN/USA))
I【Intermediate】
1,900mから2,100m
L【Long】
2,101mから2,700m
E【Extended】
2,701m以上
ページトップへ戻る
表示モード: