レーティング&ランキングワールドサラブレッドランキング

ロンジンワールドベストレースホースランキング

移動する

2017年1月1日から3月5日

IFHA(国際競馬統括機関連盟)から「ロンジンワールドベストレースホースランキング」が発表されましたのでお知らせいたします。
今回の発表は2017年1月1日から3月5日までに施行された世界の主要レースを対象としています。対象期間が短いため、117ポンド以上の28頭が掲載されました。
ランキングトップは、昨年のランキングでトップだったアロゲートと、牝馬のトップだったウィンクスの2頭で、127ポンドです。アロゲートは高額賞金で話題となったペガサスワールドカップを2着に4馬身3/4差で圧勝しました。また、芝でも昨年のトップだったウィンクスはアポロステークスでハートネル(昨年のランキングは124ポンドで第8位タイ)に完勝しました。両馬ともに昨年のレーティングには届かないものの、この時期としては高い評価となっています。なお、ウィンクスは、その後チッピングノートンステークスも勝ち、連勝を15としています。第3位はアポロステークス2着のハートネルで123ポンド、第4位は京都記念を勝ったサトノクラウンで120ポンドです。京都記念でのレーティングは、当初119ポンドとしていましたが、120ポンドと評価されました。
日本調教馬は、3頭が掲載されました。サトノクラウン以外では、京都記念3着のマカヒキと、中山記念を勝ったネオリアリズムが117ポンドで第17位タイになっています。

以下のPDFファイルで、ロンジンワールドベストホースランキング・日本馬のランキング等がご覧いただけます。

期間

2017年1月1日から3月5日

対象

世界の主要競走

距離区分(単位の「m」はメートル)

レーティングを獲得したレースの競走距離を示すもので、区分は以下のとおりです。

S【Sprint】
1,000mから1,300m(1,000mから1,599m(CAN/USA))
M【Mile】
1,301mから1,899m(1,600mから1,899m(CAN/USA))
I【Intermediate】
1,900mから2,100m
L【Long】
2,101mから2,700m
E【Extended】
2,701m以上
ページトップへ戻る
表示モード: