JRA
HOME
ENGLISH お問い合わせ/FAQ サイトマップ
競馬メニュー 電話・インターネット投票 データファイル イベント・キャンペーン 競馬場・ウインズ等 競馬ギャラリー
騎手・調教師データ
リーディング情報
競走馬検索
レース成績データ
レーティング&ランキング
重賞競走等レーティング
GI競走プレレーティング
JPNサラブレッドランキング
Wサラブレッドランキング
中央競馬レコードタイム表
払戻金ランキング
競走馬登録馬名簿・馬名意味
競走馬登録・抹消一覧
達成間近な記録
 2008年度ワールドサラブレッドランキング

2009年1月14日発表

 『2008年度ワールド・サラブレッド・ランキング(WTR)』は、昨年1月1日から12月31日までに出走した馬を対象としたもので、国際ハンデキャッパー会議において決定されました。今回より従来の『ワールド・サラブレッド・レースホース・ランキング』から名称が変更になりました。また、南半球カレンダーの国で施行されたレースについても対象としています。

 115ポンド以上288頭(実頭数)の馬が順位格付けされましたが、国別では、米国83頭、英国43頭、豪州36頭に次いで日本は28頭(前年比+3頭)で、仏国27頭を抜いて世界第4位となっています。  
 ワールドチャンピオンは、カーリン(ドバイワールドカップ1着、スティーヴンフォスターハンデ1着)とニューアプローチ(英チャンピオンステークス1着)が130ポンドで並びました。第3位に、史上初めて人工馬場での開催となったブリーダーズカップクラシックを勝ったレイヴンズパスが129ポンドでランクインしました。同馬は芝のクイーンエリザベスII世ステークスも勝っており、芝のMコラムでは127ポンドでトップとなっています。今までは芝とダートに分けていた馬場の区分を、今回から人工馬場は「A」として分けています。
 注目のザルカヴァですが、無敗で凱旋門賞を制し、牝馬ながら128ポンドで第4位、牝馬ではもちろんトップとなります。これはヨーロッパの牝馬アローワンス3ポンドをたせば131ポンドとなり、実質トップという考え方もできます。  
 日本調教馬は、スクリーンヒーロー(ジャパンカップ1着)が122ポンドで第23位タイ、マツリダゴッホ(日経賞1着)と3歳馬のディープスカイ(ジャパンカップ2着)が121ポンドで第33位タイ、ウオッカ(安田記念1着)が120ポンドで第41位タイ、などとなっています。なお、120ポンド以上の評価を受けた日本調教馬の牝馬は、1996年のファビラスラフイン(120ポンド)、2005年のシーザリオ(120ポンド)に続きウオッカが3頭目です。世界の牝馬の中では、ウオッカが第4位タイ、有馬記念を勝ったダイワスカーレット(119ポンド)が第6位タイとなっています。

2008年度ワールド・サラブレッド・レースホース・ランキング(WTRR)
(PDFファイル 64KB)

2008年度WTRR 距離別、芝・ダート別 TOPホース一覧
(PDFファイル 16KB)

国際ハンデキャッパー会議のコメント(日本語訳)
(PDFファイル 100KB)