レーティング&ランキングJPNサラブレッドランキング

2016年度 JPNサラブレッドランキング

移動する

『2016年度JPNサラブレッドランキング』を発表いたします。JRAハンデキャッパー及びNARレーティング担当者の協議により決定したものです。

2歳トップは、朝日杯フューチュリティステークスを勝ったサトノアレス

2歳トップは、朝日杯フューチュリティステークスを勝ったサトノアレスで115ポンドです。第2位は、朝日杯フューチュリティステークス2着のモンドキャンノとホープフルステークスを勝ったレイデオロで114ポンドです。2歳牝馬のトップは、阪神ジュベナイルフィリーズを勝ったソウルスターリングで112ポンドです。2歳牝馬としてはこれまでで最も高いレーティングとなります。

3歳・芝のトップは、有馬記念と菊花賞を勝ったサトノダイヤモンド

3歳・芝のトップは、有馬記念と菊花賞を勝ったサトノダイヤモンドで122ポンドです(菊花賞は121ポンドで、距離区分Eでのワールドランキングトップになります)。第2位は、日本ダービーを勝ったマカヒキで121ポンド、第3位は、皐月賞を勝ったディーマジェスティで120ポンドです。牝馬では、秋華賞を勝ったヴィブロス、桜花賞を勝ったジュエラー、オークスを勝ったシンハライト、NHKマイルカップを勝ったメジャーエンブレムの4頭が112ポンドでトップに並びました。

3歳・ダートは、米国のベルモントステークスで3着となったラニがトップ

3歳・ダートでは、米国のベルモントステークスで3着となったラニが113ポンドでトップ、ジャパンダートダービーを勝ったキョウエイギアが112ポンドで第2位になっています。

4歳以上・芝では、仏国のイスパーン賞を勝ったエイシンヒカリと香港カップを勝ったモーリスの2頭がトップ

4歳以上・芝では、仏国のイスパーン賞を勝ったエイシンヒカリと香港カップを勝ったモーリスの2頭がトップで127ポンドです。第3位は、ジャパンカップを勝ったキタサンブラックと香港ヴァーズを勝ったサトノクラウンで123ポンドです。第5位は、中山記念を勝ったドゥラメンテで121ポンド、第6位は、有馬記念3着のゴールドアクターとドバイターフを勝ち天皇賞(秋)2着のリアルスティールで120ポンドとなっています。牝馬のトップは、宝塚記念を勝ったマリアライトで116ポンドでした。

4歳以上・ダートでは、JBCクラシックを勝ったアウォーディーと帝王賞とマイルチャンピオンシップ南部杯を勝ったコパノリッキーの2頭がトップ

4歳以上・ダートでは、JBCクラシックを勝ったアウォーディーと帝王賞とマイルチャンピオンシップ南部杯を勝ったコパノリッキーの2頭がトップで118ポンドです。第3位は東京大賞典を勝ったアポロケンタッキー、チャンピオンズカップを勝ったサウンドトゥルー、フェブラリーステークスを勝ったモーニンの3頭で117ポンド、川崎記念を勝ちJBCクラシック2着のホッコータルマエが116ポンドで第6位です。牝馬のトップは、東京スプリントを勝ったコーリンベリーとJBCレディスクラシックを勝ったホワイトフーガで108ポンドです。

1. 期間

2016年1月1日から12月31日

2. 対象馬

海外および日本のレースに出走し100ポンド以上の評価を得た日本調教馬ならびに日本のレースでその馬のベストの評価を得た外国調教馬。

3. 年齢区分

2歳・3歳芝・3歳ダート・4歳以上芝・4歳以上ダート

4. 距離区分(単位の「m」はメートル)

S【Sprint】
1,000mから1,300m(1,000mから1,599m(CAN/USA))
M【Mile】
1,301mから1,899m(1,600mから1,899m(CAN/USA))
I【Intermediate】
1,900mから2,100m
L【Long】
2,101mから2,700m
E【Extended】
2,701m以上

5. 評価単位

ポンド/キログラム併記(1ポンド≒0.453キログラム)

  • ランキング表の競走馬の所属は、原則として2016年12月31日(日曜)現在のものとなります。
  • 牝馬の数値を牡馬と比較する際には、負担重量(牝馬減量)の関係により、4ポンドを加えるものとします。

PDFファイルが正しく表示されない場合

Adobe Acrobat Reader DC ダウンロードページへのリンク

PDFファイルが正しく表示されない場合は「お問い合わせ/FAQ」をご覧ください。
PDF形式のファイルをご利用になるためには、Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerはアドビシステムズ社より提供されています。(無償)

ページトップへ戻る
表示モード: