小倉 1R
裁決レポート



【裁決パトロールあり】
 1番タマモボイジャーは、最後の直線コースで他の馬に関係なく外側に逃避しました。なお、同馬は入線後に外柵に衝突し疾病(前胸部裂創)を発症したため死亡しました。


閉じる