オグリキャップ伝説を語るとき、その最大のライバルとして、また一緒に「芦毛の時代」を築いたパートナーとして、タマモクロスは欠かすことのできない存在である。
 それまで日本の競馬史に、タイトルレースを制した芦毛の一流馬は、確かにいた。だが、スターホースやスーパーホースに育ったケースは皆無で、脇役に甘んじるばかりだった。それが芦毛馬の限界とも言われていた。
 そこに彗星のごとく登場し、芦毛の常識を覆したのが、タマモクロスだった。初勝利が旧4歳の4月、6戦を要して2勝目をあげたのが10月。しかし、ここから快進撃が始まった。
 翌年、秋の天皇賞までGI3勝を含む8連勝(重賞6連勝)。ジャパンカップで外国馬に敗れ、9連勝はならなかったが、0秒1差2着は大健闘と言えた。優れたスピードとスタミナ、強烈な末脚をあわせ持った万能の名馬だった。
 くしくも、そこにオグリキャップという新たな芦毛のスーパーホースが、地方競馬から登場。2頭が人気を集め、芦毛対決でわいた昭和63(1988)年秋の天皇賞は、1着タマモクロス、2着オグリキャップで決着がついた。天皇賞のような大レースで、芦毛馬同士の決着というのは、過去になかったことである。
 しかも、地方から這い上がったオグリキャップの生い立ちといい、生産者を倒産で失ったタマモクロスといい、どちらもストーリー性が豊かで、スターホースに育つ要素十分だった。
 事実、オグリキャップはこの秋から人気が沸騰し、史上空前の競馬ブームをまき起こしていく。だが今日、名馬物語やヒーロー列伝で、タマモクロスの栄光の蹄跡を目にすることは少ない。
 タマモクロスは勝っても負けても、オグリキャップ伝説の引き立て役に回されてしまった。ひとつの時代にヒーローは2頭もいらない。むしろどちらかが、必ず損な役回りをやらされる。そんなタマモクロスを、神は不憫に思い、成功種牡馬の道を与えたのかもしれない。

  (吉沢譲治)

 SPECIAL MOVIE
S63 天皇賞(春)
S63 宝塚記念
S63 天皇賞(秋)

タマモクロス
牡馬 芦毛

昭和59年5月23日生まれ
馬主 タマモ(株)
シービークロス
1975 芦毛
フォルティノ
1959 芦毛
ズイショウ
1968 芦毛
グリーンシャトー
1974 栗毛
シャトーゲイ
1960 栗毛
クインビー
1966 鹿毛

全成績 通算 18戦9勝
  年月日 レース名 距 離 着順 騎 手 タイム 調教師
01 1987.03.01 阪 神 4歳新馬 新馬 2000 7 南井 克巳 2.07.1 小原 伊佐美
02 1987.03.21 阪 神 4歳新馬 新馬 D1800 4 南井 克巳 1.56.3 小原 伊佐美
03 1987.04.11 阪 神 4歳未勝利 未勝 D1700 1 南井 克巳 1.48.3 小原 伊佐美
04 1987.05.10 京 都 4歳400万下 400 2000 -- 南井 克巳 競走中止 小原 伊佐美
05 1987.06.28 札 幌 4歳上400万下 400 D1800 6 田原 成貴 1.55.6 小原 伊佐美
06 1987.07.11 札 幌 礼文特別 400 D2000 2 安田 富男 2.07.1 小原 伊佐美
07 1987.09.19 阪 神 能勢特別 400 D1800 3 南井 克巳 1.55.0 小原 伊佐美
08 1987.10.04 阪 神 4歳上400万下 400 D1700 3 南井 克巳 1.47.9 小原 伊佐美
09 1987.10.18 京 都 4歳上400万下 400 2200 1 南井 克巳 2.16.2 小原 伊佐美
10 1987.11.01 京 都 藤森特別 400 2000 1 松永 幹夫 2.03.0 小原 伊佐美
11 1987.12.06 阪 神 鳴尾記念 GII 2500 1 南井 克巳 R2.33.0 小原 伊佐美
12 1988.01.05 京 都 金杯(西) GIII 2000 1 南井 克巳 2.03.7 小原 伊佐美
13 1988.03.13 阪 神 阪神大賞典 GII 3000 1 南井 克巳 3.12.1 小原 伊佐美
14 1988.04.29 京 都 天皇賞(春) GI 3200 1 南井 克巳 3.21.8 小原 伊佐美
15 1988.06.12 阪 神 宝塚記念 GI 2200 1 南井 克巳 2.13.2 小原 伊佐美
16 1988.10.30 東 京 天皇賞(秋) GI 2000 1 南井 克巳 1.58.8 小原 伊佐美
17 1988.11.27 東 京 ジャパンC GI 2400 2 南井 克巳 2.25.6 小原 伊佐美
18 1988.12.25 中 山 有馬記念 GI 2500 2 南井 克巳 2.34.0 小原 伊佐美

(年齢は旧表記)






タマモクロス号 栄光の軌跡


01 サクラローレル
02 シンザン
03 リユウフオーレル
04 タケホープ
05 コレヒデ
06 エルコンドルパサー
07 オートキツ
08 タケシバオー
09 ハイセイコー
10 サクラスターオー
11 メイズイ
12 マヤノトップガン
13 オンスロート
14 コダマ
15 メジロラモーヌ
16 トウショウボーイ
17 ハクチカラ
18 イナリワン
19 カブラヤオー
20 グランドマーチス
21 エアグルーヴ
22 ミスターシービー
23 ホマレボシ
24 ミホノブルボン
25 ウイルデイール
26 テイエムオペラオー
27 マルゼンスキー
28 セイユウ
29 ダイナガリバー
30 オンワードゼア
31 ホウヨウボーイ
32 メジロマックイーン
33 グリーングラス
34 ジャングルポケット
35 シンボリルドルフ
36 アサカオー
37 ヒカリデユール
38 セントライト
39 ビワハヤヒデ
40 タイキシャトル
41 ハクリヨウ
42 トウメイ
43 ナリタブライアン
44 タマモクロス
45 カネミノブ
46 スピードシンボリ
47 オグリキャップ
48 トウカイテイオー
49 キタノカチドキ
50 メイヂヒカリ
51 イシノヒカル
52 テンポイント
 
当サイトのムービーはMicrosoft Windwos MediaPlayerを使用しております。