夏の函館。そこで行われる大沼Sは、以前、中距離の条件戦で、奥手のステイヤーにとっては縁起のいいレースだった。
 平成2(1990)年、メジロマックイーンもこの大沼Sを勝って秋への望みをつなぎ、みごと菊花賞馬に輝いている。あのとき、ふと懐かしく思い出されたのが、昭和55(1980)年の有馬記念を死闘の末に勝利したホウヨウボーイだった。
 旧3歳暮れ、中山の新馬戦を6馬身差の快勝。軽く仕かけただけで、弾むように直線一気に抜け出した。だが、不運にも管骨骨折が判明。全治6か月の診断が下されて、皐月賞、日本ダービーへの出走は絶望となった。
 不運はさらに続いた。菊花賞を目標に乗り込みを始めた矢先、こんどは反対側の管骨にヒビが入った。またしても全治6か月の診断。やっとのことで復帰できたのは1年9か月もあと、旧5歳8月のことだ。
 だが、デビュー戦で見せた潜在能力の高さは、まだ失われてはいなかった。復帰初戦を快勝。ひとつひとつ着実にクラスを勝ち上がり、翌年3月、重賞初挑戦の日経賞を楽勝した。
 復帰戦からこの日経賞まで8戦6勝、2着2回。ほぼパーフェクトな内容だった。その後、秋の飛躍に備えて半年ほど休養し、復帰初戦に出走してきたのが、この大沼Sだ。
 ここを順当勝ちしたホウヨウボーイはその4か月後、格下の身で有馬記念をいきなり制するのである。ダービー馬カツラノハイセイコと死闘を演じ、ハナ差でもぎとった初のタイトルだった。
 翌年、秋の天皇賞でもモンテプリンスと死闘を展開し、ここもハナ差で勝利をもぎとっている。ゴールまで延々200メートル、時間にして12秒。この長きにわたる2頭の死闘は、天皇賞史上にさん然と輝く名勝負となっている。
 一時はオーナーも見放したほどの故障から立ち直り、不屈の闘志で頂点にのぼりつめたホウヨウボーイ。走るたびに頭が下がる思いだった。

  (吉沢譲治)

ホウヨウボーイ
牡馬 栗毛

昭和50年4月15日生まれ
馬主 古川嘉治氏
ファーストファミリー
1962 栗毛
First Landing
1956 鹿毛
Somethingroyal
1952 鹿毛
ホウヨウクイン
1969 鹿毛
レアリーリーガル
1962 栃栗毛
豊隼
1962 芦毛

全成績 通算 19戦11勝
  年月日 レース名 距 離 着順 騎 手 タイム 調教師
01 1977.12.04 中 山 3歳新馬 1200 1 加藤 和宏 1.12.3 二本柳 俊夫
02 1979.08.24 函 館 4歳上400万下 1700 1 加藤 和宏 1.43.8 二本柳 俊夫
03 1979.10.06 中 山 美駒特別 1600 2 加藤 和宏 1.36.9 二本柳 俊夫
04 1979.10.20 中 山 富里特別 1600 1 加藤 和宏 1.37.1 二本柳 俊夫
05 1979.11.18 東 京 奥多摩特別 2000 1 加藤 和宏 2.06.1 二本柳 俊夫
06 1979.12.09 中 山 清澄特別 2000 1 加藤 和宏 2.04.1 二本柳 俊夫
07 1980.02.23 中 山 香取特別 2200 2 加藤 和宏 2.15.9 二本柳 俊夫
08 1980.03.15 中 山 ブラッドストーンS 2000 1 加藤 和宏 2.05.1 二本柳 俊夫
09 1980.03.30 中 山 日経賞 2500 1 加藤 和宏 2.41.9 二本柳 俊夫
10 1980.08.24 函 館 大沼S 2000 1 加藤 和宏 2.04.7 二本柳 俊夫
11 1980.10.25 東 京 4歳上オープン 1800 2 加藤 和宏 1.53.9 二本柳 俊夫
12 1980.11.23 東 京 天皇賞(秋) 3200 7 加藤 和宏 3.30.4 二本柳 俊夫
13 1980.12.21 中 山 有馬記念 2500 1 加藤 和宏 2.33.7 二本柳 俊夫
14 1981.01.18 中 山 アメリカジョッキークラブC 2500 1 加藤 和宏 2.37.5 二本柳 俊夫
15 1981.03.08 中 山 中山記念 1800 2 加藤 和宏 1.50.8 二本柳 俊夫
16 1981.09.20 中 山 オールカマー 2000 5 加藤 和宏 2.04.8 二本柳 俊夫
17 1981.10.25 東 京 天皇賞(秋) 3200 1 加藤 和宏 R3.18.9 二本柳 俊夫
18 1981.11.22 東 京 ジャパンC 2400 6 加藤 和宏 2.26.1 二本柳 俊夫
19 1981.12.20 中 山 有馬記念 2500 2 加藤 和宏 2.35.9 二本柳 俊夫

(年齢は旧表記)






ホウヨウボーイ号 栄光の軌跡
(協力:フジテレビ)

01 サクラローレル
02 シンザン
03 リユウフオーレル
04 タケホープ
05 コレヒデ
06 エルコンドルパサー
07 オートキツ
08 タケシバオー
09 ハイセイコー
10 サクラスターオー
11 メイズイ
12 マヤノトップガン
13 オンスロート
14 コダマ
15 メジロラモーヌ
16 トウショウボーイ
17 ハクチカラ
18 イナリワン
19 カブラヤオー
20 グランドマーチス
21 エアグルーヴ
22 ミスターシービー
23 ホマレボシ
24 ミホノブルボン
25 ウイルデイール
26 テイエムオペラオー
27 マルゼンスキー
28 セイユウ
29 ダイナガリバー
30 オンワードゼア
31 ホウヨウボーイ
32 メジロマックイーン
33 グリーングラス
34 ジャングルポケット
35 シンボリルドルフ
36 アサカオー
37 ヒカリデユール
38 セントライト
39 ビワハヤヒデ
40 タイキシャトル
41 ハクリヨウ
42 トウメイ
43 ナリタブライアン
44 タマモクロス
45 カネミノブ
46 スピードシンボリ
47 オグリキャップ
48 トウカイテイオー
49 キタノカチドキ
50 メイヂヒカリ
51 イシノヒカル
52 テンポイント
 
当サイトのムービーはMicrosoft Windwos MediaPlayerを使用しております。