朝日杯3歳S(現・朝日杯フューチュリティS)は、ほぼ馬なりで走って1分34秒4のレコード。「第3コーナーを過ぎたら、後ろの馬の足音が聞こえなくなった」と、中野渡清一騎手がレース後のインタビューで脱帽したように、ぶっちぎりの圧勝だった。
 もし全力で走っていたら、どれだけのタイムが出ていただろう。しかし、この馬なりで樹立したレコードですら、以後14年も破られなかった。
 英三冠馬ニジンスキーの持込馬として生まれたマルゼンスキー。だが、残念なことに、当時の持込馬は外国産馬の扱いを受けていた。
 このため同世代の馬を子ども扱いし、抜けた強さを誇りながら、クラシックに出走できなかった。
「賞金なんか貰わなくていい。28頭立ての大外枠でもいい。邪魔なんかしない。頼むから出してくれ。そうすれば、どれが日本一かわかる」
 中野渡清一騎手がそう嘆いた言葉を、マスコミは大きく取り上げ、ファンは昭和52(1977)年の日本ダービーを“敗者復活戦”と酷評する始末だった。
 日本短波賞(現・ラジオたんぱ賞)でその鬱憤を晴らし、有馬記念をめざしたマルゼンスキー。だが、不運にも脚部不安が悪化。持てる本当の能力をベールに包んだまま、8戦不敗で引退となった。
 それでも8戦のうち大差勝ちが2つ。これをタイムから馬身に換算すると、後続につけた着差の合計は、61馬身にもなる。強すぎた。次元が違った。
「さようなら、マルゼンスキー。語り継ごう、おまえの強さを」
 昭和53(1978)年1月15日、引退式当日の横断幕にはそう書かれてあった。たしかに、この馬の強さは、伝説となって今も語り継がれている。

  (吉沢譲治)

マルゼンスキー
牡馬 鹿毛

昭和49年5月19日生まれ
馬主 橋本善吉氏
Nijinsky
1967 鹿毛
Northern Dancer
1961 鹿毛
Flaming Page
1959 鹿毛
シル
1970 鹿毛
Buckpasser
1963 鹿毛
Quill
1956 栗毛

全成績 通算 8戦8勝
  年月日 レース名 距 離 着順 騎 手 タイム 調教師
01 1976.10.09 中 山 3歳新馬 1200 1 中野渡 清一 1.11.0 本郷 重彦
02 1976.10.30 中 山 いちょう特別 1200 1 中野渡 清一 1.10.5 本郷 重彦
03 1976.11.21 東 京 府中3歳S 1600 1 中野渡 清一 1.37.9 本郷 重彦
04 1976.12.12 中 山 朝日杯3歳S 1600 1 中野渡 清一 R1.34.4 本郷 重彦
05 1977.01.22 中 京 4歳オープン 1600 1 中野渡 清一 1.36.4 本郷 重彦
06 1977.05.07 東 京 4歳オープン 1600 1 中野渡 清一 1.36.3 本郷 重彦
07 1977.06.26 中 山 日本短波賞 1800 1 中野渡 清一 1.51.4 本郷 重彦
08 1977.07.24 札 幌 短距離S D1200 1 中野渡 清一 R1.10.1 本郷 重彦

(年齢は旧表記)






マルゼンスキー号 栄光の軌跡
(協力:フジテレビ)

01 サクラローレル
02 シンザン
03 リユウフオーレル
04 タケホープ
05 コレヒデ
06 エルコンドルパサー
07 オートキツ
08 タケシバオー
09 ハイセイコー
10 サクラスターオー
11 メイズイ
12 マヤノトップガン
13 オンスロート
14 コダマ
15 メジロラモーヌ
16 トウショウボーイ
17 ハクチカラ
18 イナリワン
19 カブラヤオー
20 グランドマーチス
21 エアグルーヴ
22 ミスターシービー
23 ホマレボシ
24 ミホノブルボン
25 ウイルデイール
26 テイエムオペラオー
27 マルゼンスキー
28 セイユウ
29 ダイナガリバー
30 オンワードゼア
31 ホウヨウボーイ
32 メジロマックイーン
33 グリーングラス
34 ジャングルポケット
35 シンボリルドルフ
36 アサカオー
37 ヒカリデユール
38 セントライト
39 ビワハヤヒデ
40 タイキシャトル
41 ハクリヨウ
42 トウメイ
43 ナリタブライアン
44 タマモクロス
45 カネミノブ
46 スピードシンボリ
47 オグリキャップ
48 トウカイテイオー
49 キタノカチドキ
50 メイヂヒカリ
51 イシノヒカル
52 テンポイント
 
当サイトのムービーはMicrosoft Windwos MediaPlayerを使用しております。