トキツカゼは、牝馬ながら皐月賞(当時の競走名は農林省賞典)を楽勝、ダービーに駒を進めた。小岩井農場のプリメロの産駒だった。しかし、無念にもトキツカゼは、カブトヤマの産駒マツミドリにアタマ差で敗れてしまった。かつてカブトヤマでダービーを勝ち、調教師としてトキツカゼを仕上げた大久保房松師は、レース後のカンカン場(検量室)で「俺が乗ってダービーを勝った馬の仔に負けたんだから、本望だよ――」と悔しさを紛らわしていた。
 そして8年後、トキツカゼの仔オートキツが"感激の8馬身"差で逃げ切ったのだ。このオートキツには、3人の"男"の執念が、からんでいた。慶応ボーイでスポーツマンの生産者・益田弘氏は、カイソウ、ミハルオーと2頭のダービー馬を出している種牡馬の月友をトキツカゼに交配してダービー制覇を期し、生まれた駿馬を川口ゴム工業社長の川口鷲太郎氏に薦めた。川口氏はトキツカゼのオーナーで、問題なくオートキツを引き受け、大久保師に預けた。こうして生産者、オーナー、調教師と、3人の期待を担ってダービーに出走したオートキツは、24頭立ての21番枠、馬場は不良で、オートキツには絶好のコンディション。手綱を取るのは34歳のベテラン二本柳俊夫騎手。しかし、オートキツは重賞は未勝利、NHK盃8着で全く人気がなかった。
 得意の馬場で、思い切った逃げを打った二本柳騎手の作戦奏効。2コーナーからは"独り旅"で、史上稀な8馬身差の大楽勝となった。
 ダービー後のオートキツは9月から始動し、京都のオープンまで6連勝。旧5歳の春は、58?を背負ったダイヤモンドS(2500メートル)をレコード勝ちするなど4戦4勝し、通算22戦14勝の成績を収めた。旧6歳から種牡馬となり、昭和51年に老衰死した。

(橋本邦治)

オートキツ
牡馬 栃栗毛

昭和27年5月6日生まれ
馬主 川口鷲太郎氏
月友
1932 栗毛
Man o'War
1917 栗毛

星友
1923 栗毛

トキツカゼ
1944 鹿毛
プリメロ
1931 鹿毛
第五マンナ
1939 黒鹿毛

全成績 通算 22戦14勝
  年月日 レース名 距 離 着順 騎 手 タイム 調教師
01 1954.11.13 東 京 3歳新馬 1000 2 田村 駿仁 ---- 大久保 房松
02 1954.11.23 東 京 3歳新馬 1000 1 田村 駿仁 1.02.2 大久保 房松
03 1954.12.04 中 山 3歳オープン 1100 7 田村 駿仁 ---- 大久保 房松
04 1954.12.12 中 山 朝日盃3歳S 1100 7 野平 幸雄 ---- 大久保 房松
05 1955.01.04 中 山 4歳40万下 1000 1 二本柳 俊夫 R 1.01.0 大久保 房松
06 1955.01.09 中 山 千葉4歳特別 1700 10 野平 祐二 ---- 大久保 房松
07 1955.04.10 中 山 4歳50万下 1800 1 二本柳 俊夫 1.52.6 大久保 房松
08 1955.04.24 中 山 皐月賞 2000 10 田村 駿仁 ---- 大久保 房松
09 1955.05.01 東 京 4歳オープン 2000 1 二本柳 俊夫 2.11.8 大久保 房松
10 1955.05.08 東 京 NHK盃 2000 8 二本柳 俊夫 ---- 大久保 房松
11 1955.05.29 東 京 東京優駿 2400 1 二本柳 俊夫 2.36.6 大久保 房松
12 1955.09.03 東 京 4歳以上オープン 1600 1 二本柳 俊夫 1.37.8 大久保 房松
13 1955.09.17 東 京 優 勝 1800 1 二本柳 俊夫 R 1.50.2 大久保 房松
14 1955.10.02 中 山 4歳以上オープン 1700 1 二本柳 俊夫 1.49.8 大久保 房松
15 1955.10.22 中 山 4歳以上オープン 1800 1 二本柳 俊夫 1.52.8 大久保 房松
16 1955.11.12 京 都 4歳以上オープン 1700 1 二本柳 俊夫 R 1.43.2 大久保 房松
17 1955.11.23 京 都 菊花賞 3000 2 二本柳 俊夫 ---- 大久保 房松
18 1955.12.10 中 山 4歳以上オープン 1600 3 二本柳 俊夫 ---- 大久保 房松
19 1956.04.07 東 京 5歳以上オープン 1800 1 二本柳 俊夫 1.53.4 大久保 房松
20 1956.04.15 東 京 ダイヤモンドS 2500 1 二本柳 俊夫 R 2.37.4 大久保 房松
21 1956.05.03 東 京 5歳以上オープン 1800 1 二本柳 俊夫 1.53.2 大久保 房松
22 1956.05.13 東 京 東京盃 2400 1 二本柳 俊夫 2.31.4 大久保 房松

1959年(昭和34年)9月4日以前の競走タイムは1/5秒単位で記録されて おりますが、
当サイトにおいては全て1/10秒単位に換算(1/5秒単位を2倍)して表示しております。

(年齢は旧表記)







オートキツ号 栄光の軌跡
(協力:読売映像)

01 サクラローレル
02 シンザン
03 リユウフオーレル
04 タケホープ
05 コレヒデ
06 エルコンドルパサー
07 オートキツ
08 タケシバオー
09 ハイセイコー
10 サクラスターオー
11 メイズイ
12 マヤノトップガン
13 オンスロート
14 コダマ
15 メジロラモーヌ
16 トウショウボーイ
17 ハクチカラ
18 イナリワン
19 カブラヤオー
20 グランドマーチス
21 エアグルーヴ
22 ミスターシービー
23 ホマレボシ
24 ミホノブルボン
25 ウイルデイール
26 テイエムオペラオー
27 マルゼンスキー
28 セイユウ
29 ダイナガリバー
30 オンワードゼア
31 ホウヨウボーイ
32 メジロマックイーン
33 グリーングラス
34 ジャングルポケット
35 シンボリルドルフ
36 アサカオー
37 ヒカリデユール
38 セントライト
39 ビワハヤヒデ
40 タイキシャトル
41 ハクリヨウ
42 トウメイ
43 ナリタブライアン
44 タマモクロス
45 カネミノブ
46 スピードシンボリ
47 オグリキャップ
48 トウカイテイオー
49 キタノカチドキ
50 メイヂヒカリ
51 イシノヒカル
52 テンポイント
 
当サイトのムービーはMicrosoft Windwos MediaPlayerを使用しております。