顕彰馬 紹介

七冠馬 シンボリルドルフ

七冠馬 シンボリルドルフ  日本の競馬史上初めて無敗の三冠制覇を成し遂げ、抜群のレースセンスと安定感を武器にGI 7勝をあげたシンボリルドルフは、ひたすらその“強さ”によって語られてきた。かつて最強馬の代名詞といえば戦後初の三冠馬シンザンであったが、シンボリルドルフの出現以後、名馬の基準は「ルドルフを超えたか」で語られるようになり、後進の目標として君臨し続けた。

 デビューは昭和58年。かつてスピードシンボリで海外遠征を敢行したシンボリ牧場の和田共弘氏と、当時ジョッキーだった野平祐二調教師のもと、高い目標を掲げて競走馬としての一歩を踏み出した。新潟芝1000メートルの初陣では先々を考え、岡部幸雄騎手が1600メートルのつもりで騎乗したという逸話が残る。無論「先々」とは、翌年に控える芝2000メートルの皐月賞、そして芝2400メートルのダービーである。当時の旧3歳戦は短距離が中心で、今のように早い時期から長めの距離を使うことは不可能だったが、陣営は創意工夫によって現代の競馬と遜色ないローテーションを組み、シンボリルドルフを稀代の名馬へと育て上げていった。

昭和59年★第29回有馬記念(GI)  また、これも現代の先駆けといえるが、シンボリルドルフは一戦終えると千葉のシンボリ牧場へ短期放牧に出され、そこで独自の厳しいトレーニングを積んだ。こうした英才教育のもと、土つかずのまま皐月賞に完勝。ダービーは勝負どころの手応えが悪く周囲を慌てさせたが、馬自らが動きはじめ、直線で見事な末脚を繰り出して二冠目をものにした。後に岡部騎手が「馬に競馬を教えられた」と述懐した一戦である。秋は思案の末に、菊花賞から中1週でジャパンカップに参戦。菊花賞は3/4馬身という着差以上の力差を示したが、ジャパンカップはカツラギエース会心の逃亡劇に屈し、戦歴に初めて黒星をつけた。「同じ相手に2度やられる訳にはいかない」。プライドを賭けて臨んだ有馬記念でシンボリルドルフは、カツラギエースを並ぶ間もなく交わし、1歳上の三冠馬ミスターシービーも3着に従えて現役最強の証を立てた。強い馬は強い競馬で勝たなくてはならないという、陣営の使命感が伝わる勝利であった。

 翌年は天皇賞(春)に優勝。休養明けの天皇賞(秋)はギャロップダイナの大外強襲に屈したが、ジャパンカップを快勝し、国内ラストランの有馬記念も4馬身差で勝って真価を見せつけた。母の父スピードシンボリ以来のグランプリ連覇、そして史上初の七冠馬誕生であった。残念ながら渡米初戦のサンルイレイSで故障を発症し、秋に予定していたヨーロッパ遠征は実現しなかった。種牡馬となって初年度に出したトウカイテイオーはGI を4勝し、後に父仔揃って競馬の殿堂入りを果たしている。

レース映像

昭和59年 有馬記念

PLAY

血統表

シンボリルドルフ
牡 鹿毛
昭和56年3月13日生
門別・シンボリ牧場生産
調教師 野平祐二(美浦)
馬主 シンボリ牧場

パーソロン
1960 鹿
Milesian My Babu
Oatflake
Paleo Pharis
Calonice

スイートルナ
1972 栗
スピードシンボリ ロイヤルチヤレンヂヤー
スイートイン
ダンスタイム Palestine
Samaritaine

成績表

通算 中央15戦13勝 海外1戦0勝

年月日 レース名 距離 着順 タイム 斤量 騎手
昭58.7.23 新潟 新馬 1000 1 59.2 53 岡部 幸雄
58.10.29 東京 いちょう特別400万下 1600 1 1:37.3 53 岡部 幸雄
58.11.27 東京 オープン 1600 1 1:39.9 55 岡部 幸雄
59.3.4 中山 報知杯弥生賞GIII 2000 1 2:01.7 55 岡部 幸雄
59.4.15 中山 皐月賞GI 2000 1 2:01.1 57 岡部 幸雄
59.5.27 東京 東京優駿GI 2400 1 2:29.3 57 岡部 幸雄
59.9.30 中山 ラジオ日本賞セントライト記念GIII 2200 1 R2:13.4 56 岡部 幸雄
59.11.11 京都 菊花賞GI 3000 1 3:06.8 57 岡部 幸雄
59.11.25 東京 ジャパンカップGI 2400 3 2:26.5 55 岡部 幸雄
59.12.23 中山 有馬記念GI 2500 1 R2:32.8 55 岡部 幸雄
60.3.31 中山 日経賞GII 2500 1 2:36.2 58 岡部 幸雄
60.4.29 京都 天皇賞(春)GI 3200 1 3:20.4 58 岡部 幸雄
60.10.27 東京 天皇賞(秋)GI 2000 2 1:58.8 58 岡部 幸雄
60.11.24 東京 ジャパンカップGI 2400 1 2:28.8 57 岡部 幸雄
60.12.22 中山 有馬記念GI 2500 1 2:33.1 57 岡部 幸雄
61.3.29 サンルイレイSG1 2400 6 57 岡部 幸雄

※レース名は当時の表記による

主な産駒

  • トウカイテイオー…皐月賞、東京優駿、ジャパンカップ、有馬記念
  •  
  • 昭和62年顕彰馬選出

2012.12.22 レーシングプログラム掲載

ページの先頭へ戻る